単身高齢者都市部で急増

都市部で増える高齢者の一人暮らし。
行政や自治会と専門職が連携した見守りや介入がますます重要になってくるでしょう。
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士らは、多職種連携のキーマンとしての役割を求められます。

ひとり暮らしシニア増減マップ写真の説明はありません。

 

田中まさしを応援
よろしくお願いします!

FacebookTwitterGoogle+
ご意見・ご要望はこちらから