厚労省医療保険部会 保健事業と介護予防の一体実施へ

厚労省医療保険部会 保健事業と介護予防の一体実施へ
従来の介護予防に、疾病予防や重症化予防およびフレイル対策を含めて事業が行われていきます。
理学療法士や作業療法士などの医療専門職が持つ専門知識や介入が必要ですね。どの程度か不明ですが、予算付けもされるとのこと。
介護予防通所サービスを展開されている事業所には頑張っていただきたい。

詳細はこちら

田中まさしを応援
よろしくお願いします!

FacebookTwitterGoogle+
ご意見・ご要望はこちらから